育児ときどき、おうちづくり。

kids| interior| living| yoga

産後4日目-水腎症の疑い?-(2人目育児)

産後4日目。術後の後陣痛やら麻酔の合併症のトラブルも一段落。

ブラッドパッチの副作用で痛かった腰のしびれも大分改善。

前夜は新生児室でムスメを預かってもらって、授乳の時だけ連れてきてもらって寝ながら添い乳にして、安静を保ったのが良かったみたい。

追加してもらったロキソニンも効いていて、普通に立てるように(ほっ)

 

さて、4日目は

一足先に赤ちゃんの退院診察。小児科の先生が来てくださって、診てくださる。

 

ムスメは、妊娠後期の超音波検査で、「右の腎臓に少し水が溜まっているかも」との診察があり、産後に超音波検査をかけてもらうことになっていた。

それも今日診てもらったのだが…

 

結果としては、「1ヶ月健診まで、経過観察」とのこと。

確かに通常よりはやや肥大した穴が見受けられて、水が溜まっているが、

おしっこの回数も多く、今何か治療を行うほどの大きさではないとのこと。

 

水腎症…腎臓で作られた尿の流れがせき止められて、腎臓の中に尿が溜まって拡張した状態。尿は通常、腎臓→尿管→膀胱→尿道へと流れて体外に出て行くのですが、一部に狭窄があり流れが滞ることにより、それより上の部分が拡張して尿がそこに溜まってしまう。これを尿路閉塞と呼ぶのですが、多くの場合、完全に閉塞することなく、通常の状態としては、狭窄があっても流れているそう。ただ、尿路が狭いことで、腎臓に負担がかかるため、機能悪化がしやすくなる傾向が高く、尿路感染などで高熱を起こしたり、腎臓に石ができて痛みを伴うなどの症状がでることがある。

 

水腎症は、胎児検査で見つかる以上の中で最もポピュラーで、ムスメのようにエコーで見つかる場合がほとんど。かつ、ムスメのように症状としては何もない場合が多いそう。

 

とりあえず、熱が出たら感染を疑い、尿検査をする!とか

オムツ替えはこまめにして清潔を保つ!とか(2人目だと1人目で慣れちゃって結構オムツ替え忘れてパンパンとか多いとか…分かる気もするw)

位の教えをいただき、あとは様子診てみるという感じのようです。

 

経過観察の中で、拡張部が小さくなっていき、なくなる場合も多いらしく、

あまりにその拡張が進行するようであれば、またその際に治療方針を考える、というステータスだそうです。

 

まあ、心配ない、ということではないけれど。

とっても丁寧な説明をしてもらって、心配していたよりは、安心かな。

 

母さん、まじめにオムツ替えに励むよ〜!!

 

授乳も順調で、さっそく母乳パッドが必要なほどにダクダクでてきました…

さすがムスコが開拓してくれた立派な乳腺達よ…

ムスメも哺乳量が増えてきて、さっそくウンチも緑から黄色の母乳便になってきたー!

なんか、この色、懐かしいなぁ。シミジミ。

 

 

 

ランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村