育児ときどき、おうちづくり。

kids| interior| living| yoga

帝王切開出産当日〜痛みレベル☆☆☆☆☆評価付〜(二回目の帝王切開)

おはようございます。いよいよ出産当日についての記録書きます。

(ちなみに、私、痛みにとても弱い部類の人なのですが。同じような方、いらっしゃると思うので、(痛みレベル☆☆☆☆☆)星5つで記録していきますね。笑)

 

 

・AM6:00 検温、赤ちゃんの心音確認などを済ませ、排便を促すための座薬を入れられる(新レシカルボン坐剤)

 →「5分位で催します」と言われたのですが、私は3分でした(笑)(痛みレベル☆☆☆☆☆痛くない)

 

・AM7:00 手術着に着替え

 →血栓予防の着圧ソックスを履く。お腹大きかったり、身体固かったりでこれが履けない妊婦さんも多いとか!yogaやっててよかった(笑)その後、上だけ下着を外して、手術着を着用。下は普通に下着もパジャマも履いたまま。

 

・AM8:00 先生が点滴を入れにくる(ソルデム3A/ソリューゲンF注)

 →水分補給のための点滴をいれる。前に入ったオペの進捗具合で、オペが早まるとのことで、ハイスピード点滴(笑)(痛みレベル★☆☆☆☆ちょい痛)

 

・AM10:00 家族集合

 →2歳のムスコも、マスク着用で、検温・診察を受けて面会に来れました。みんなでワイワイ話していると、「オペが早まりまして、11:30入室です!」との連絡。気づけばもうすぐっ!最後にトイレへいって、気合いをいれる。親友も、仕事を午前休とって、駆けつけてくれました(親族として参加(笑))

 

・AM11:20 手術室へ歩いて向かう

 →なんだか緊張。家族3人で手を繋いで、最後にみんなとぎゅっとハグをして。いざ1人、オペ室へ。

 

・AM11:25 入り口入室

 →まずは入り口の座席に座り、名前・生年月日の確認。オペのスタッフが順に自己紹介をしてくれた後に、前日に摺り合わせたアレルギーや既往症の確認。そして、更に歩いて、複数ある部屋のうち、実際の手術台のある部屋へ向かう。

 

・AM11:30 手術室入室

 →入った瞬間、オーダーしたsuperflyが流れてる。しかも大好きな「愛をこめて花束を」。一瞬にしてテンションが上がる!狭い台に自ら仰向けに上ると、手際よく緑のシートをかけられ、手術着を外され、下の下着やパジャマを自ら軽く外すよう促され、その後は取り除かれた。帽子をかけられ、心電図のパッチや血圧の測定器械が身体につけられる。

 

・AM11:35 腰椎麻酔・硬膜外麻酔開始

 →身体を右向きに向けると、背中の下にタオルが敷かれ、カバーが外されて背中が空いた状態になる。「背中を突き出すように頭をできるようお腹に近づけるように丸くなって!」といわれ、まさに自分も赤ちゃんのような形になる。やっぱり不安だーという顔をしていると、看護師さんがさっと私の前にたち、両手で私を抱え、「大丈夫ですよ、何かする時には、何をするのか、一つ一つ説明しながら行いますね」と優しく言ってくれる。自分より若い女の子を前に、なんだか泣きそうになる(笑)

→背中を3回アルコールで消毒(刷毛みたいなのでガシガシ塗られる)

→乾いた後に、手で強く背骨を下から添って押され、麻酔を打つ場所をマーキングされる(痛みレベル★☆☆☆☆意外とちょい痛いというか、なんか気持ち悪い)

→打つ場所が決まったら、まずは上部の腰椎麻酔(痛みレベル★☆☆☆☆思ったより痛くない!緊張するけど)

→麻酔が軽く効いてきたら、次は中部あたりに硬膜外麻酔(痛みレベル★★★☆☆これはなんだかドスン!と太いものが入ってくる感覚)(私はこれを入れられると、なぜか右半身側がジンワリ熱く痺れるような感覚になる。不安になって「痺れるようで痛いです」と声を出して伝えると、麻酔の効きを見ながら、なんどか調整してくれた)

 

・AM11:50 手術準備開始

→麻酔一連がおわると、また仰向けに戻る。両腕が安定のために拘束され、その頃には足が麻痺し始めるので、足を看護婦さん達に開けられ、尿管を通され、下が見えないように胸元に台とカバーがかけられ、酸素マスクがつけられ、お腹周りを消毒される。(痛みレベル☆☆☆☆☆もはや感覚無)

→麻酔が効いてくると、どんどん息が苦しくなって、意識が遠くなってくるので、「苦しいです」と伝えると、さらに薬を調節して、安定状態に戻してくれた(これは気づいたときに言わないと、かなり気が遠くなる)

→麻酔の効きを確認される(冷たいアルコール綿を肩元にあてられ、その冷たさが下に行くほどちゃんと消えていくかを確認)。お腹辺りまで温かくなったら完了!

→実は担当してほしかった、医長の先生がオペ台の前に参上!(現在はほぼオペには入っていないが、この日は5件の帝王切開が重なり、私もハイリスク妊婦のため、珍しく参上したらしい(後日談)。これで心から安心して切られることができました(笑))

 

AM11:55 手術開始

→「がんばろうね」という先生の優しい一言で、はじまった。前回は緊張していたため、あんまりよくわからなかったが今回は大分リラックスしていて、手術中の記憶もはっきり。麻酔がされているとはいえ、もぞもぞ感覚はよくわかる。外側のキズは横切りなのだが、内側の子宮は縦に切られているような感じで、さすがに2回目だと多少の癒着があるらしく、くっついているところを取るべく、何やら機械で切り取っていて、白い煙が立ち上っているのが見える(笑)

→前回は、切り始めてからあっさりムスコが出てきたが、今回はそんなこんなで時間かかっている。やはり帝王切開は回数を重ねると大変なのね。

→何度か煙を見ると、看護婦さんが「いよいよですよ」との一言。二人掛かりで先生が押しまくり。

 

・AM12:16 ムスメ誕生

→優しくて、まさに女の子らしい声で「おぎゃぁぁぁぁ」。「あー泣いたー」と私も声を漏らす。前回は先生が、カバー越しに顔を見せてくれたんだけど、今回はそのまま助産師さんに手際よく手渡されてしまう。早く、顔がみたいよー!と思いながら、ムスメは呼吸など確認されにベッドへいってしまい、先生達は早速私の縫合作業へ。

→もはや子どもを取り上げたら、後の作業については、先生達が世間話を始めつつ行っていて(笑)「出血も問題から、こんな平和な感じで作業してるのかなー。ま、いっかー」くらいの穏やかな気持ちで、待っていた(笑。多分一人目だったら、怒っていたかもしれないけど)

→体温も呼吸も安定し、やっと私の右肩もとへ、ムスメがやってきた(カンガルーケア)。まだ、羊水とか脂とかがくっついていて、まさに生まれたて。「ああ、ムスコと同じ顔(笑)」ほんの少しの時間だけど、脳裏に焼き付けた。

 

AM12:25 ムスメは親族の部屋へ。主治医から家族へ手術の説明。

→ムスメは隣の部屋へ連れて行かれ、家族とのご対面。ムスコは手術当日だけ妹に会える(翌日以降は面会に来ても、赤ちゃんは新生児室へ連れて行きガラス越しでしかあうことができない)ので、いっぱい写真を撮ってもらった様子。みんな声を揃えて、「ムスコにそっくりだ」

→一足先に主治医がオペ室を出て、家族に説明をしてくれたらしい。「出血は中量、やはり一回目の傷に癒着があって少し取り除くのが大変だったが、無事終了。24時間以内に再出血などなければ成功と見てよいので、経過を見ていく」とのこと。

 

・AM12:40 オペ室退出。

→全ての縫合が終わり、台から担架へ運ばれて、看護師さんによって着替え完了。

→点滴追加(パントール注射液/アトニンー0注/ピベラシリンNa/大塚生食注)腸の麻痺の改善/子宮収縮剤/抗生物質/薄め液等が入ります。

→病室に戻り、家族と再会。皆にお疲れさまと声をかけられる。緊張で汗をかいているしぐったり疲れているけど、割と意識はっきり…。

 

・AM13:00 術後の処置

→一度家族退出し、血栓予防のため、足にポンプをつけられたり、悪露たっぷりのナプキン交換などを助産師さんが手際よくやってくれる。

→ムスメも部屋に連れてきてもらい、私の胸元に裸で乗せてもらい、皮膚接触。初乳を飲んでもらう。ムスコ同様、初回から食いつきが上手い…(感謝)。妊娠中からアトピーで荒れていた私のかわいそうな乳首だけど、無事初乳が出ている〜良かった…

 

 

その後は、そう、覚悟していましたよ、分かっていましたよ、

でもそれでも辛いんです…「後陣痛」(痛みレベル★★★★☆これは痛い。要覚悟)

手術の麻酔が切れ始めるこの辺りから、時間の感覚って言うのは完全になくなっていきます(笑

 

まず、うちの病院では手術後の痛み止めは下記のような感じです。

①硬膜外麻酔を差したところからチューブが出ていて、その先に鎮痛剤がはいったポンプがついており、自分で痛みが出た時にポンプを押して鎮痛剤を追加できる。(痛み緩和度★★★☆☆(痛くなる度に、上記①を自分で押すのですが、もはや押してもポンプが溜まってまた押せる状態になる前に、痛みが出てくる(涙))

 

②点滴(ペンタジン注射液)。中枢神経に作用して痛みを取ってくれる。5〜6時間効果は持続。(痛み緩和度★★★★★(これが結構強い見方。私はこれを2回くらいやってもらった)

 

③座薬(ジクロフェナクNa坐剤)。術後の痛みを緩和、解熱もしてくれる。6〜8時間効果は持続(痛み緩和度★★★★★(痛かったら入れますねーと言われるので、入れて!とお願い。多分これも2回いれた)

 

④飲み薬(ロキソプロフェン錠)。所謂ロキソニン(痛み緩和度★★★☆☆(私小児ぜんそく持ちなので、最初これは処方してもらえなかったのですが、もう大人になって喘息でてないので、どうにか処方してくれ!と懇願しだしてもらいました)

 

⑤飲み薬(カロナール錠)。(痛み緩和度☆☆☆☆(き、効かない!これは前回、既往症に「小児ぜんそく」と書いたら出されました。効かなくて、死ぬ思いしました)

 

上記①〜④をフル活用した結果、1人目の時よりも格段に痛みが少なく、

二人目以降の方がよっぽど辛いと言われた「後陣痛」もわりとあっさり乗り切れました。山場は当日の夜位だったかな。

 

やっぱり経験は大事ですなー。

 

その他、術後に思ったこと色々。

 

・とにかく緊張しているからか?喉や唇が乾く!リップクリーム必須!6時間後からやっと水分摂取の許可が下りるのですが、恵みの水だった…。ペッドボトルのストローキャップがとにかく必須です…!

・酸素マスク外した後も、私は呼吸が多少辛いので、普通のマスクが役立ちました。病院ってホント乾燥するよね…。

・意外と術後、元気があったので、眠い気持ちもあるけれど、旦那さんと「ああ産まれたね」と感慨深い思いに耽って色々話しました…。が、面会が終わって1人になると、痛みと向き合うことになり意外と寝れない…。なので、話したい気持ちは分かるが、旦那さんがいてくれる時に、安心して眠っておけば良かった、とちょっと反省。

 

長い一日だったけど、

無事、終わってよかった。

嗚呼、終わったんだな。

自分を褒めてあげよう。そんな一日でした。

 

最後に。

ムスメよ。お誕生日おめでとう。

これから、何度も、何度も、お祝いしよう。

忘れない、大事な記念日。

 

お父さんとお母さんのもとに、産まれてきてくれてありがとう。

 

尊敬の念をもって君を育てていこうと思う。

そして、君に尊敬の思いをもってもらえるよう、親として、君との日々を大事に生きていきます。

それを、ここに約束します。