育児ときどき、おうちづくり。

kids| interior| living| yoga

帝王切開出産1日目〜痛みレベル☆☆☆☆☆評価付〜(二回目の帝王切開)

どんなに辛く長い夜でも、空けない夜はない。必ず朝はくるんですね…(ため息)

 

しんどい後陣痛に一晩中追いかけられながら、眠れない夜がなんとか終わり…。

朝もはよから「一応いれときましょう」の鎮痛剤の点滴&座薬を追加。 

2年前は、スパルタな助産師さんが多くて、「子宮収縮は必要な痛みだから、お母さん頑張って」とか言われて、あまり使ってくれませんでしたが、

なんだか方針が変わったのか、バンバン入れてくれました。賛否両論ありそうですが、正直ありがたいっす。

 

術後1日目の流れはざっとこんな感じ:

・朝、採血

 →血栓などできやすいので、つまりがないかや肝臓の動き、貧血など一通りみます

・足に血栓などできてないか、むくみの状態などみて、足のポンプを外す

 →前日から、後陣痛の痛みがあるけど、できる範囲で足首を動かしたり、身体の向きを変えて身体を動かすよう指示される。これをやるとやらないで、翌日の歩行の楽さが変わる!

・悪露の状態によって、お産パッド(通常のナプキン)を適宜交換

 →一晩に数回ほど助産師さんが交換をしてくれています。引き続き起き上がるまでは完全におまかせ状態(笑)

・腹部レントゲン撮影

 →検査担当の人が大きな機械を持ってきて、腰の下に板を引き、レントゲン撮影をしてくれる。動かないうちにさっさと終了

 

まずここが第一番の山場!

助産師さんに身体を支えてもらいながら、術後初スタンディング!

 →(痛みレベル★★★★☆)まず体勢を横にして立ち上がるまでが、正念場。お腹や足に力が入らない…。意を決して立ち上がり、そしてその場で足踏みできてフラフラしなかったらまずは合格。(1人目の時は、これで泣きそうになり、怖い婦長さんに叱咤された…)

・もう一度ベッドに戻り、尿管を抜いてもらう

 →(痛みレベル★★★☆☆)私の場合、差してもらったときに多少中が傷ついてしまったのか、これが痛かったー!ニョロンと引っこ抜かれるのですが、「ひい」って感じ。その後も体勢を変える時など、傷ついた場所に刺激が入るといたかった…が幸い、排尿時は痛くなかったので、ヨカッタ…。

・身体を拭いてもらい、手術着から持参したパジャマへ変更。やっと下のパジャマもはける(笑)

 →うちは「授乳しやすいパジャマ」としか指定がないけど、この日だけは完全前開きのパジャマのほうが着替えやすそう(点滴や、心拍・酸素計る管もしているので)

・いざ行かん、トイレへ歩行!

 →(痛みレベル★★★☆☆)助産師さん立ち会いのもと、点滴のバーを頼りに、歩行開始。トイレまでの道のりが長い…。トイレ行きたい気持ちと、痛みを堪える気持ちと葛藤しながら、乗り越えていく。本当に生まれたての子鹿(笑)。でも心なしか、前回より楽。皆最初は腰を60度くらい曲げて大分ヨレヨレだけど、1〜2日で少しずつ起き上がりまっすぐ歩けるようになります。歩行の様子で、一発で帝王切開の人だ!と分かる(笑)

・歩けるようになったら、赤ちゃん同室開始

 →(痛みレベル★★☆☆☆)我が子に泣かれると、不思議と起き上がれるもので。ヨレヨレの身体で、勇気を振り絞って起き上がり、授乳にオムツ替えに、をただ繰り返しますー。この時、まだ赤ちゃんのウンチは緑か黒なんですよね!ああ懐かしい…

・昼食から、食事開始(昼は全粥、夕から通常食)

 →まずい病院食ですが、身体に染みる…。美味しくないけど完食してしまった…。

 

そして、寝たきりだった前夜から一変。

活動開始し始めたこの辺りから、身体の異変を感じ始める。

 

そう、頭が激烈に痛いのです。

 

キタ!第二の山場(涙)

例えるならば、「除夜の鐘が頭の中で鳴り響き、殴られているような痛み」。

後陣痛も比較にならないほどの苦痛さ…

 

え?子宮収縮の後陣痛って、頭も痛くなるんでしたっけ(?)

 

みたいな謎の質問を回診で来た先生に尋ねると、

「あー…。寝てると大丈夫なんだよね?起き上がると痛い?」との質問。

そうです!起立性頭痛です!!

 

「それは、硬膜外麻酔の合併症の可能性が高いね。とりあえず、水を大量に飲んで、安静にして、痛み止めと無水カフェインを処方するから飲んでおいてくれる?土日は麻酔科やっていないので、続くようであれば月曜に治療するからね」とのこと。

 

…いやはや。これはヤバい。起き上がると除夜の鐘。

せっかく立ち上がることができたのに…即座にベッドへリターン。もはや寝るしかなくなりました…。

 

ムスメとの再会を喜んだのも束の間。同室を諦め、授乳だけ対応させてもらい、

後はひたすら横になり、ご飯も斜めになって食べて(これが変に喉に詰まってむせて咳をする→お腹が痛くて死にそうになるという変な悪循環(汗))、

切ない1日目が過ぎていくのでした…。

 

補足【硬膜外麻酔の合併症とは】

(痛みレベル★★★★★)呼吸障害、循環障害、頭痛や下肢のしびれなどあると言われているのですが、私が体験した「起立性頭痛」は発生頻度0.5%〜1%(200人に1人)ほどで、40代以下の若い女性に発生しやすいと言われています。手術後に脳脊髄液が針穴から漏れ、脳圧が低下することが原因。特別な治療をしなくても1週間程度で治まることが多く、予防法は病室に帰った後なるべく安静にし、許可がでたら水分を十分に取ることが重要。

 

ちなみに、私はこの頭痛に伴い、激しい肩こりと、肋骨の痛みもありました(放散痛)。(痛みレベル★★★☆☆)手術した場所と離れた場所が痛くなるという症状らしいのですが、ホント、不思議ですよね。一応湿布処方してもらいました…。

助産師さん曰く、以前は肩こりがメジャーだったけど、最近は肋骨の下の部分を痛いという人が増えているらしく…何の流行なんだろうね(笑)