育児ときどき、おうちづくり。

kids| interior| living| yoga

ホルモンバランスの変化でアトピー性皮膚炎が悪化!?-妊娠中期-②

ご来訪ありがとうございます。

一つ前の記事で、妊娠中期に勃発したアトピーとの攻防について①前編をまとめました。

lionlion.hatenablog.com

 

この記事では②後編をまとめます。

 

もう第二子も妊娠していることだし、「ステロイドは卒業したいなー」と思って、

次は別の門を叩きました。

 

3)「初診予約に1ヶ月待ち!の大人気漢方&アレルギー外来」へ

 以前通った漢方外来は、うちから遠かったため、勤務先に近い病院を紹介してもらい、予約をとろうと電話をしたら、なんと初診は1ヶ月待ち!仕方なく、1ヶ月先の予約を入れると、もの凄い質問量(多分100問くらい)の「問診票」が送られてきました。汗のかき方や痰やおりものの色、精神状態まで事細かく状況をチェックしたシートを事前に送り、当日予約の日に行ってみると、何と初診は1人45分もの診察枠が用意されているという(そりゃ1ヶ月待ちだわと納得)。

 脈やベロの苔の色などの観察はもちろん、丁寧な問診・患部の診察の上、アトピーだけでなく、つわりや肩こりなどのマイナートラブル全般への治療を行ってくださいました。

□当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

 以前処方された漢方。妊娠初期には強すぎるらしいのだが、安定期にはいってからは、つわりの抑制や血の巡りの改善などに効果が期待できるらしい。これで再度、ホルモンバランスの安定を目指すことに。

→これを服用して1ヶ月後、なんとぎっくり腰を煩い、通院ができなくなってしまったため服用中止。ただ、これを服用した前後であまり違いは感じられなかったような…

□麦門冬湯(バクモンドウトウ

 私がつわりで吐く時に、よくむせながら吐くという問診結果から、咳止めのお薬が処方されました。これも穏やかな薬で、妊婦でも大丈夫というもの。

→これを服用して、すぐに安定期を迎え、くすりでつわりが落ち着いたのか、時期的におちついたのかは、謎。

□紫雲膏(シウンコウ

 皮膚炎に効く漢方の塗り薬。臭いが独特で、染料にも使われるムラサキの根が使われており、洋服などに色がついてしまうことから、特に悩んでいた「乳首部分」の使用として処方。

→これは私にはあまり効果がありませんでした…塗った時はいいような気がしますが、痒みが落ち着かず、結局悪化をしてしまいました。

 

 結果的に、アトピーにはあまり効果があったとはいえなかったのですが…。

 ただ、このとき、触診をして、肩こりに効くツボに、小さな鍼のついたテープを貼ってくれたのですが、なんとそれがかなり効果テキメン!そのテープを張るだけで、一気に肩こりとそれに伴う倦怠感が抜ける!という想定の範囲外の副産物が得られました(笑)(もはやこれだけで、つわりの半分位の辛さが軽減されたような…鍼って、ツボって、凄い)

 

4)「アトピーで悩む友達のオススメ☆手作り化粧水」を試してみる

 もうここまで来ると、なんでも試してやるという気持ちになってくる…そこで、同じくアトピーで悩む友人が、愛用しているという手作り化粧水を、私も作ってみることにした。

locari.jp

 用意するものは簡単で、尿素・水・グリセリンなので、薬局にいって早速買いそろえてみた。そして使ってみたものの…残念ながら私には合いませんでした…。

というか、合わないというレベルではなく、

恐ろしいほどのピリピリヒリヒリ感!顔にも容赦なく吹きかけていたせいか、唇がとにかく汗っぽくなってしまい、全身がしょっぱいっっっ!!

使用を辞めても、数日間は、全身しょっぱい現象が続いてしまい…

これを、漢方の先生に相談したところ「尿素は、角質をはがしてしまうので、あなたのような薄くなった敏感肌には不向き」と一蹴されてしまいました…。ということで、大失敗。

 

5)「アトピーや敏感肌に効くという市販品を色々試してみる」

□@Psupple スギのエッセンシャルオイル

@Psupple エッセンシャルオイル (小: 50ml) - non-allergy.com

 「アトピーのかゆみに添付すると80%の人がかゆみが軽減する」という臨床結果があるそうで、早速買って使ってみたのですが…。こちらも私には保湿機能が足りず…。かゆみもあまり軽減された実感が持てず…。リピとは残念ながらなりませんでした。

 

□シェルクルール リプライローション

www.cosme.net

  以前使っていて、肌が通常時には非常に調子が良かったアイテム。ふと思い出して、すがる思いで買いにいきました…(意外と取り扱い店が少なく、私は有楽町まではるばる行きました)

 確かに通常時には良さそうなのですが、肌荒れ時のスーパー敏感肌には、多少の刺激があり…。しかも、全身につけるのですぐなくなってしまい、コスパが合わないなという感じでした…。ぐすん

 

□オーガニックマドンナボディセラムスーペリア

 これも、以前使っていた妊娠線クリーム。99%オーガニック成分で、しかも主成分が水ではなくアロエベラ葉水!(主成分が水じゃないクリームや化粧水ってなかなか見たことない!)そのためか、伸びも保湿力も素晴らしい!前回の妊娠時にこれがとっても活躍していたことを思い出して、再度購入。顔含め、全身に塗ってみた…

 ら、これが当時の私の肌質にぴったり合いました。色々試したどれよりも、肌馴染みがよく、適度に水分が肌に保たれました。そして肌の水分状態が安定したとたん、アトピーがみるみる治まっていき。全身にできていた色素沈着や、おでこにできてしまった何重の横ジワもだいぶ目立たないように!!!

 そして、これ一本に切り替えて数週間後、やっと化粧をすることができる肌状態になりました!!今では、ムスコも、生まれたてのムスメもこれで保湿しています。

 ムスコは重度の喘息で、だいたい喘息の子はアトピーに移行すると言われているので、保湿は大分気をつけているのですが、コレを使っていることで、今のところ移行せずに済んでいます。

 ただ、1ヶ月に一本とハイペースなので、コスパは苦しいのですが、もはや肌状態で日々の精神的な状態が大きく左右されるので、もはや必要経費と思って使用しています(涙)

 

結論:ステロイドから漢方まで色々手を出してみましたが、結局、自分にあった保湿剤を見つける!に尽きる。

 

あと、補足ですが、食生活・周辺生活用品も見直していました。

色々調べたものの、全部やろうとすると、お金も時間も労力もかかり、逆にストレスフルになるので、出来ることだけ、自分に向いていることだけやってました。

□甘いもの(白砂糖)・刺激物(唐辛子など辛いもの)は出来る限り取らない

□無農薬野菜や海藻を中心にした食生活(腸内環境を改善)

□洗剤は石けんベースに。もちろん柔軟剤は使わない

□入浴時・手を洗うときもボディシャンプーなどは使わず無添加石けんのみ(あまりに痒み・肌荒れが酷い時はお湯のみ)

□食器洗剤は界面活性剤が極力少ない洗剤(やしのみ洗剤など)で、ゴム手袋(ラテックスフリー)を絶対着用

□乾燥でフケが気になる時は、コラージュフルフルシャンプーを利用

 

第二子妊娠中、つわり・アトピー・ぎっくり腰・妊娠糖尿病・切迫早産…と様々なトラブルを経験したのですが、正直自分の精神状態を一番圧迫したのは、このアトピーでした…。

1人目の時は、毎月マタニティフォトも撮ったりしていたぐらいだったのに、今回は記録に残すのが嫌な位、自分の姿を見たくありませんでした…。

 

ことアトピーについては、謎な民間療法も多く、アドバイスを求め探すほどにどんどん迷宮にはまってしまい、色んな情報に疲れてしまうと思いますが、

人の話は話半分程度に流し聞いて、自分にあったものをとにかく見つけていくことをお勧めします。いい出会いがありますように。

 

 

ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村