育児ときどき、おうちづくり。

kids| interior| living| yoga

な、何か出てる…涙!!激痛なのに、誰にも言えない「痔・脱肛物語」-妊娠後期-

※これについては、書こうか悩みましたが、避けては通れないといっても過言でない位悩める妊婦さんがいるようなので、せっかくなのでセキララしてみようと思います。

 

食べ&吐きづわり、アトピー、ぎっくり腰と来て、もはや打たれまくりで調子のいい日が一日もない妊娠生活。

 

それでも、救いなのは、便通だけは非常に快調。

1人目の時は、辛い便秘と切れ痔を体験し、結構苦い思いをした記憶なのですが、

「今回は、それがないだけ、マシね〜♩」なんてうかれるほど、幸せのハードルが下がりっぱなしでした。

 

そんなある日。

珍しくお腹が調子悪い…なと。今思えば、リズムの取れていた野菜中心の生活に、少し魔が差して(というか、仕事産休前の引き継ぎラッシュのストレスで)、お菓子を多少多量に食べてしまったのでしょう。

ちょっと苦しいなと思いながらも出たので、トイレを出ると、

 

肛門あたりになんか違和感。歩くと、何かが、あたる…気になる…。

それでも、会社に行かねばならぬ!ので急いで準備して駅に向かうのですが…。

歩みを重ねるほどに、違和感が、だんだんと痛みに変わり始めました…。

もはや、あたるではなく、擦れる…。

 

駅までのたった5分の道のりが、一歩を重ねる度にどんどんと遠く感じるほどに。

最後には、もう一歩が出せない。というレベルまで痛みが走りました。

 

ど、う、し、よ、う。

 

それでも、未体験の痛みなので、何がどうなっているのか、よく分からない。

 

でも、誰にも相談できないので、グーグル先生に相談してみる。

「妊娠後期、痔、痛い」とかでググっていたのだと思うのですが。

 

そうすると、でてくるでてくる。

「小指大の痔が、押し込んでも出てきちゃう」

「階段の上り下りだけで激痛!」

「痛すぎて、ずっと寝たきりしていました!」

などの沢山の「痔」に悩める妊婦の声が…。

 

そこで、始めて知りました。

私は、

今、何かが出ているのだ!そしてそれが擦れていたいのだ!ということを(笑)

(触れても見てもいないので、気づいてませんでした)

ググり続けると、「どんな状態かを知るために、旦那さんに見てもらった!」というお方もいたのですが、さすがに私にはそれができず、その夜、おそるおそる、風呂場の鏡で、怖いものみたさに見てみると…。

 

で、て、るーーーーーーーー(涙)

 

でも、あまりに初めてのことすぎて、受け止められない、どうしようもできない。

結構「出てくる度に、手を清潔にして押し込んでます!」の声が書いてあったのだけど、ちょっと勇気がいるよね(汗)

 

ということで、翌日、痛みに堪え兼ねて、産婦人科へ。(つい2日前に健診だったので、旦那氏にはどうしたの?と聞かれて、なんか焦りながらごまかしました(笑))

 

内診台にあがり、先生が確認してくれるとすぐさま、

「あー痔だね。こんなのよくあることよー。お薬出しておきますからねー。今は何もできないので、産後酷かったら手術もできるので、肛門科へいってくださいね!」と5秒で終了。

 

グーグル先生によると、助産師さんが押し込んでくれる」という説もあったので、それを期待していたのですが、そういったご対応はなされず。

 

薬が効くのを待っていては、もはや家にも帰れないと思い、

病院のトイレにて、病室前に置いてあった使い捨ての医療用手袋を拝借してきて、初押し込みを体験し、薬を注入(涙)

 

「あ、戻ると、全然問題なく歩ける」ということを知り、一安心。

 

人間は、一度体験すると恐怖心がなくなるもので(笑)

 

そこからは、出ては戻す&薬を毎晩毎朝注入で1週間ほどで改善。

ちなみに、歩行時に出てくるのを防いでくれるアイテムとして、ぎっくり腰でも役立った「とこちゃんベルト」が大活躍☆(骨盤をきゅっとしめてくれるので、無駄に肛門が開いてしまう状況が減り、臓器が落ちてこないのです!ホント、オススメ!)

 

もうそれからは押し戻すことも薬もベルトも特にしていないのですが、痛みも気になることもすっきりなくなり、大丈夫です◎

 

ただ、産後、帝王切開後に座薬を入れられる時に、

「あら、ちょっと痔が出ちゃってるのね」と助産師さんが一言。

 

「そうなんです、後期に脱肛しちゃって!これって完全には治らないですか?今は全然気にならないのですけど」と聞いてみたところ、

 

「私の経験上、調子悪い時にはまた出ちゃったりするよ。だからそういう時には戻してる」助産師さん談。

 

そ、そうなのね…(恐ろしい)

 

でも確かに、産後2週間ほど経って、2歳のムスコを抱っこしたりおんぶしたりしていると、まだ骨盤が開きっぱなしのところに加重がかかるからか、

少し肛門に不安定さを感じておるのです…。

 

子宮脱も怖いので、骨盤矯正して安定するまでは、やっぱりまだ無理はしてはいかんなと感じております…。

 

今回の妊娠は不調に次ぐ不調続きで、全く運動も出来ておらず。それで見事に子宮底筋が弱ってしまったような。

1人目のときはヨガ三昧していたので、大分強かったと思うのですが…。

今回は見事に出てしまいました(涙)

 

ホント、何気にここ近年稀に見る辛く恐ろしい体験でした…。

 

 

妊娠期の苦難は、まだまだ続きます(笑)

 

 

ランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願いします。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 


育児・2人目 ブログランキングへ