育児ときどき、おうちづくり。

kids| interior| living| yoga

注文住宅への第一歩!住宅展示場へ行ってみる(とりあえず、家のイメージを膨らませてみよう)

さて、家を建てよう!と腹を括ったものの…

 何をしたら良いのかしら…?としょっぱなから行き詰まり(笑)

日々の仕事、育児、家事で追われると、なかなか腰が重くなっちゃって大変です。

 

その週末は、たまたま義実家に帰省しており、ちょいと車で買い出しに出かけると、道すがらに「総合住宅展示場」の文字が!

 

旦那氏とふたり、「行ってみるか」と盛り上がり、なんと閉館15分前の17:45という微妙な時間に門を叩いてみました(笑)

 

閉館ぎりぎりに住宅展示場へ行ってみた

 本当にいろいろあるんですねー…。当時展示されていたのはこの辺り。

住友林業

アキュラホーム

ミサワホーム

積水ハウス

住友不動産

一条工務店

とりあえず、旦那氏と「どの見た目が好き」か、について意見を述べ合いっこ(笑)

 

もはや夕暮れ時で、いまいち外観もよく比較できない時間帯なのですが、

二人で一番「いいね」と軍配が上がったのが、住友林業でした。

外観に「天然木」を貼付けているのがかっこいいなー!と一目惚れ。

この時点で、「外観は木っぽいテイストで、ちゃんと屋根がある形がいいね」ということに。

アキュラホーム」も似たようなウッドテイストだったので、ここは次回時間がある時にみたいなと。

一条工務店」の四角いモダンなテイストや、ヨーロッパっぽい洋館の雰囲気、「住友不動産」のなんだかちょっと高級感を超えてややバブリーな雰囲気は、私たちの好みとは違うね、という結論も見えました。(選択肢が山ほどあるので、「好きじゃないもの」「嫌いなもの」をちゃんと明確に排除しておくことも大事ですね)

 

ということで住友林業のモデルハウスへ

緊張しながら入ってみると、どうやら別のお客様の絶賛営業中だったようで、

なんだかお茶汲み係、みたいなおばさまが現れます。

お通し頂いて、部屋の中にはいり、リビングダイニングあたりを見せていただきました。

いやー!ひろーい!中も、ブラックウォールナット調の焦げ茶っぽいテイストの建具でテイストが統一されていて、とてもオサレ〜!

そして天井が2階まで吹き抜け!!

「俺、家立てるなら、絶対吹き抜けがいいなー」とのこと。ほうほう。大事だよ、そういう希望事項!メモメモ。

始めてのモデルハウスに興奮して、さながらとなりのトトロに出てくるめいとサツキのように、家中をかけまわる夫婦と1歳児ムスコ。

しかし、営業マンが私たちの対応をしている余裕がないらしく、お茶汲みおばさんの謎な営業トークが始まる。「とにかく住友林業はいいですよー」という内容はないのだけど、とにかく情熱的なトーク風…(汗)

具体的な話は何も聞けそうにないので、中をぐるっと回って、出てきてしまいました。

あれ、所要時間5分終了(笑)

 

ということで、あと10分あるけど、どうしよう

 

迷ってる暇はないので、となりの「ミサワホーム」に入ってみた

そんなに外観の雰囲気は好きではなかったのですが、隣だし、なんと営業マンのお姉さんが笑顔で立っていた!のでなんかちょっとでも具体的な情報を得てみたく、入ってみることに。

そこで私のニーズが引き出された!「玄関、広いのいいなあー」

今のマンション、とにかく玄関が狭くて、3人でお出かけの時とか戦争なので、ここは絶対譲れないポイントだな、とメモメモ。

中に入ると、こちらも2階まで吹き抜けのリビング!旦那氏も「やっぱり吹き抜けにしよう〜」と確信の顔。

 

そしてリビングの隣に、「蔵」と言う名の天井が1.4Mととっても低いスペースが。

1階は「蔵」でおもちゃいっぱいの子ども用スペース、1.5階は普通の和室で、2.5階に「蔵」としてまた低い天井の収納スペースが出来る、という物らしく、3階建てなのに、スペースを効率よく活用できるミサワの売りらしい。天井が低いと部屋面積として換算されないので、固定資産税の対象にならないのだとか!

私は「収納がたっくさんほしい!」と思っていたので、かなり響いたのですが、

身長180cmを超える旦那氏にとっては、「この天井の低さ、かなり苦痛」らしく、共感は得られず(笑)

ちなみに、おもちゃが大量にあり、低い天井で得られる「秘密基地な感じ」に興奮したムスコはとっても気に入っていて、おかげですこし営業マンのお姉さんとお話ができました。

 

・モデルハウスは延床60〜70㎡とかなり広く作ってあり、こんな広さで家を建てる人はあまりいないので、実際の建売物件などを見ながらニーズを調整するのがオススメ

・実際モデルハウス規模の家を建てようと思ったら建物だけで5000〜6000万円ほど。一般的な30〜40㎡の家からすれば2000〜3000万円レベルの差がでる。

・まずは、自分の予算を整理した方がいい(手持ち金&ローン金額)

などなど…。

 

とりあえず、モデルハウスを見て、広い家がいいなー!!と夢が膨らんだけど、それって本当に予算と見合わせて現実的なのか?

地に足つけて整理しなくては、ということがよくわかりましたー。へへー。

 

「でも、俺、広い家がいいな」と、帰り際にポツリとこぼした旦那氏。

まあそうだよな。私は普通の30㎡くらい(だと思う)の建売で、普通に育った女子なので、それくらいが普通って思ってしまうのですが、

旦那氏は、先々代くらい?から続く由緒正しい農家のお屋敷の育ちなので、何せ広い家なのですよ。(ムスコが喜んで鬼ごっこできるくらい。かくれんぼしてもなかなか見つからない本気かくれんぼ出来るよね)

しかも、昔の日本家屋って天井がとても低く作られているのですが、身長180cmを超える旦那はよく頭をぶつけないように、頭を垂れて家のドアをくぐっており…そりゃ広くて吹き抜けた家に憧れるよね(笑)

 

予算も整理しつつ、広くて吹き抜けた家、一緒に探し求めようじゃないか!

 

ということで、何となくこれからやることが整理できた、住宅展示場体験初日でした◎

 

まだまだ続きます!

 

 

ランキングに参加し始めました!

ぜひポチッとお願いします!これから頑張って書いていきます!

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

 


注文住宅(施工主) ブログランキングへ